等級 アルファベット

等級の後ろのアルファベットの意味

<質問>

自動車保険に加入してから何年間か、等級の数字の後ろにアルファベットがついていたような気がするのですが、今の等級にはアルファベットがついていません。どういうことでしょうか。

新規契約の可能性がある6等級と7等級の場合、
数字の後にアルファベットがつき、それによって割引率も違っています。

 

新規契約の場合は運転者の年齢条件によって、A〜E・Gのアルファベットが付き、
継続契約の場合は、Fがつきます。これは6等級でも7等級でも同じです。

 

  • A→年齢問わず補償
  • B→21歳以上補償
  • C→26歳以上補償
  • E→30歳以上補償
  • F→継続契約
  • G→35歳以上補償

 

つまり、6F等級と言えば、継続等級になりますので、
5等級から6等級に上がったとか、9等級から事故で3つ下がったということになり、
6E等級となれば、運転者の年齢条件が30歳以上補償の新規契約ということです。。

 

同様に7等級の場合も、7F等級であれば、継続して7になったと解釈できますし、
7C等級であれば、他に11等級以上の車の保険を持っていて、
2台目以降の車を新規で加入したのかなということになります。

 

また、保険会社によっては、
6&7等級の場合の新規のアルファベットを「S」に統一しているところもあります。
6Fといえば継続契約の6等級ですし、7Sといえば新規契約の7等級ということです。

 

ちなみに上の一段にアルファベットの「D」が抜けているのに気付いた方はいますか。
実はこの「D」は新規契約につくものなのですが、
年齢条件を表したものではないんです。

 

保険会社によっては、貨物車とかキャンピングカーなどの特殊車両の場合、
運転者の年齢条件を設定することができないルールになってるんですが、
これらの年齢条件不適用車の新規契約のときに「D」を使うのです。

 

ただ、昔は「6D」とか「7D」という等級もよく見かけたんですが、
最近ではこれらの車両にも年齢条件を設定できる保険会社が多くなり、
あまりこの等級は見かけなくなってしまいましたね。

 

⇒等級の基本編の目次へ戻る

 

あなたは余計な保険料を払っているのかも!?

インズウェブの説明

インズウェブのアンケート

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちらから