自動車保険の情報交換制度(損保VAN)

 

<質問>

自動車保険には情報交換制度があって、
違う会社の契約情報を確認することができると聞きましたが本当ですか。

 

本当です。
(ただし、契約の締結または存続の判断や、保険金支払の判断の参考とする場合だけで、それ以外の目的のために、この情報交換制度を使用することはできません。)

 

この制度があるからこそ、同じ保険会社で継続するときだけではなく、
違う会社に変更したとしても、等級を引き継ぐことができるのです。
この制度がないと、契約者が等級などに関して嘘の申告をしても分かりませんからね。

 

だったら、申込の際に前保険の証券を提出させれば、
こんな制度はいらないじゃないかって思う人もいるかと思いますが、
今度はその証券を偽造する人が出てくるんです。

 

よって、この「情報交換制度」が必要となってくるのです。

 

例えば、A社からB社に契約を乗り換えた場合、
情報交換制度によりB社は、A社の契約のこれらの情報を得ることができます。

  • 保険会社名・保険の種類・証券番号
  • 契約者の氏名・住所
  • 記名被保険者の氏名
  • 車両所有者の氏名
  • 登録番号(ナンバープレート)・車台番号・用途車種
  • 保険期間
  • 解約・解除の有無
  • 適用等級
  • 保険使用の件数、事故年月日

 

こちらの質問のページでも書いていますが、
保険契約時に等級や事故有無などに関して嘘の申告をしたとしても、
保険会社は契約締結後に情報交換制度を利用して
上記の情報を取得するので、その時点で嘘はバレてしまうんですね。
(意外に時間がかかり、保険開始から情報取得までだいたい1ヶ月前後かかります)

 

当然、その時点で差額の保険料を請求され、それを期限内に支払わない場合、
契約を解除されたり、差額を支払うまで事故が起きても補償されなかったりします。

 

<参考>
・日本損害保険協会「損害保険会社等が共同利用する制度について

 

⇒等級の基本編の目次へ戻る

 

あなたは余計な保険料を払っているのかも!?

インズウェブの説明

インズウェブのアンケート

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちらから