自動車保険 契約者 記名被保険者 所有者 

 

<質問>

生命保険では、契約者、被保険者、受取人の3つの名義を設定しますが、
自動車保険では契約者以外に設定する名義はありますか。

 

自動車保険では契約する際には、以下の3つの名義を登録します。

 

契約者

保険会社と契約を締結する個人、もしくは法人。
この契約者が保険料を負担することになります。
よって、契約を証明する証券もこの契約者に発行することになります。

 

記名被保険者

主に車を運転する人を1名設定します。
もし夫婦で両方同じくらい運転するような場合はどちらを設定してもOKです。
自動車保険では、この記名被保険者を中心に考えることが多く、
補償の範囲や等級制度に関して、一番重要な名義と言えるものです。

 

この記名被保険者の年齢、免許の色、住所などで
保険料が変動する保険会社もあります。

 

車両所有者

これはそのままですね。基本的に車検証上の所有者です。
この名義が親族や関係法人でない場合、ほとんどの会社で契約はできません。
(事情があり名義変更ができなかったり、始期日までに変更が間に合わない場合など、
状況によっては、実態上の所有者を証券上に記載し、契約してもらえることもあります。)

 

等級制度を理解するうえで、
これら3つの名義の違いを覚えておくことは、とても重要なことになります。

 

しっかり頭に入れたうえで、他のページもチェックしてみてくださいね。

 

⇒等級の基本編の目次へ戻る

 

あなたは余計な保険料を払っているのかも!?

インズウェブの説明

インズウェブのアンケート

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちらから