2台目の車の保険に加入した場合...(複数所有新規・セカンドカー割引)

 

<質問>

現在1台、自動車保険に加入中で15等級です。
10日後に2台目の車を購入するので、こちらも保険に加入しようと思うのですが、新規ですので6等級からのスタートになるのでしょうか。

 

7等級からスタートできる可能性があります。

 

基本的に新規で自動車保険に加入する場合は6等級からのスタートになりますが、
下記の条件をすべて満たした場合、7等級からスタートできる制度があります。
これを「複数所有新規」、もしくは「セカンドカー割引」と呼びます。

 

1台目の等級が11等級以上であること
  • 2台目の保険の始期日時点で、1台目の等級が11等級以上である必要があります。
1台目および2台目の車が、下記のいずれかの用途車種であること
  • 自家用普通乗用車
  • 自家用小型乗用車
  • 自家用軽四輪乗用車
  • 自家用小型貨物車
  • 自家用軽四輪貨物車
  • 特殊用途自動車(キャンピング車)
  • 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
2台目の記名被保険者が下記のいずれかであること
  • 1台目の契約の記名被保険者と同一
  • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
  • 1台目の契約の記名被保険者またはその配偶者の同居親族
2台目の所有者が下記のいずれかであること
  • 1台目の契約の車両所有者
  • 1台目の契約の記名被保険者
  • 1台目の契約の記名被保険者の配偶者
  • 1台目の契約の記名被保険者もしくはその配偶者の同居の親族

 

他に11等級以上の保険があるということは、それだけ無事故実績を積んでいる人だと解釈され、まったくの新規である6等級よりも、1つ有利な7等級から始めることができるのです。

 

この2つの等級を比べると割引率が25%前後違ってきますから、
かなり大きな保険料の差が出てきますね。

 

<注意>
・保険会社によってはこれ以外にも条件がある場合があります。
・2台目を1台目の保険に車両入替して、1台目を複数所有新規で入るという方法もあります。
・前保険がある場合は適用対象外です。

 

<PR>

高い保険料払ってませんか??はじめてインズウェブで一括見積もりをした人は平均30035円の節約に成功しています。

中にはこんな人も...

自動車保険の見積業務をやっていると、こういうことがたまにありました。

 

前保険がない新規の見積の際には、セカンドカー割引を適用できるかどうかを判断するために、必ず他に11等級以上の保険を持っているかを聞くんですね。

 

でも、そのときに11等級以上でのもう1台別の車の保険があるのに、その内容を調べる(証券を用意する)のが面倒で「新規の契約でいい!」なんて言い張る人がいるんです。

 

顧客が損をすることになりますから、保険料がかなり違ってくる可能性があることを話して、基本的には調べてもらうよう説得するのですが、あまりに強い希望であれば、仕方なく、この割引を適用せずに契約してもらうこともありました。

 

そういう案件に関わるたびに、車の種類から察するに、金が余ってるような人のようには思えないし、証券を用意するだけのことを面倒くさがって、何万円も余計に払うなんてもったいないよな〜って思いながら仕事をしてましたね。

 

⇒新規契約編の目次へ戻る

 

あなたは余計な保険料を払っているのかも!?

インズウェブの説明

インズウェブのアンケート

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちらから